太陽光パネルの海外製と国内メーカー比較

太陽光パネルを海外製と国内メーカーで比較

現在日本で出回っている太陽光発電のメーカーは50社を超える数があり、どのメーカーのパネルを選ぶか悩んでしまいますね。

 

もちろんメーカーにもよって変わりますが、まずは簡単にメリットとデメリットを紹介します。

 

海外製のメリット

導入費用が比較的安く済む

やはり国産に比べると費用は安い傾向にあります。
価格面では魅力的です。

 

保証期間が長い

ほとんどの海外メーカーが、パネル保証25年
システム保証が10年となっています。

 

これは国内メーカーに比べると長いです。

 

海外製のデメリット

アフターフォーローが心配

料金も安めで保証も長いとなると、決定打になりますが、
どうしても海外製だと、サポートが本当に行われるのか?などの心配が出てきます。
さらに、保証がついているから故障しないという意味でもありません。
日本人としては海外製品への信頼感がないので、その点を踏まえてあえて長期間の保証を設けているようです。

 

そして、サポート対応の時間がかかったり
事業を撤退するなどのケースも考えられるので、アフターフォーロー面では不安が残ります。

 

国内メーカーのメリット

安心感とサポートの充実

馴染みの企業だとやっぱり安心ですよね。

 

太陽光は何十年にも及ぶ長い期間、お付き合いするものです。
だから、国内メーカーの信頼感で選ばれることも多いです。

 

国内メーカーのデメリット

導入費用が高額というのが一番の悩みどころです。
保証期間が海外に比べると短いという点も気になります。
※多くのメーカーは10年保証です。

 

ここまで概要として、海外製と国内製品の特徴を紹介しましたが、当然のようにメーカーによっても変わります。

条件だけを見ると海外メーカーが有利

導入費用も保証期間も海外製のほうが条件が良いです。

 

しかし、それだけで決めてしまうほど太陽光発電は簡単なものではありません。
設置後のサポートや発電効率など、すべての条件を自分に合わせて決める必要があります。

 

どうしても費用を抑えた人は海外メーカーを中心に検討すると良いでしょう。

 

ちなみに海外メーカーは中国企業が多く、次いでアメリカ、カナダになっています。
個人差もありますが、イメージ的にも好まれない傾向にもあります。

 

 

太陽光発電をメーカーで選ぶコツとは?

みなさんが気になる長州産業のパネルはも性能も保証も評判もいいのですが、
何度も言うように、あなたの場合にそれが最適な選択かどうかはわかりません。

 

もっと、ベストな選択があるケースがあります。

 

それぞれのメーカーも、様々な特性を持っており、自分の家にぴったりの物を選ぶには、
やはり専門家の知識や経験が必要になってきます。

 

そこで太陽光発電の設置業者の一括見積もりサービスを利用しましょう。

 

見積もりの際に、屋根の形状や広さ、素材、築年数などを入力して専門フォームから申し込むと、複数の業者が自分の家に適したメーカーのパネルでの見積もりを送ってきてくれます。

 

 

ここで複数の業者に見積もりを出してもらうのが、重要です。
もちろんその中に長州産業も含まれます。

 

それぞれの業者が得意な工事があり、各業者によって料金も変わってきます。

 

多くの種類(シリーズ)から比較検討でき、自分の希望にあった太陽光発電を設置できるというわけです。

 

特殊な形状の屋根を使用している場合や、あらかじめ希望のメーカーがある場合は
見積もり申し込みの際に具体的に記載しておくとよいでしょう。

 

一括見積もりサービスは、数分で申し込めるうえに無料なので気軽に利用できますね。

 

トップへ戻る