太陽光発電の補助金

●太陽光発電を導入する際に、重要なチェックポイントのひとつが、
補助金です。

 

補助金は、
地方自治体である県と市町村のそれぞれからもらえます。

 

しかも!
同時にもらえるんです!

 

だから、絶対に外せない項目になります。

 

★注意★

近年は、補助金の金額や制度の廃止などがあるようです。
太陽光発電を検討している場合は、なるべく早く補助金の情報を調べて取り組む方がいいでしょう。

 

★お得情報

簡単な方法である程度の目安を知ることも出来ます。

太陽光発電システムの補助金を調べる(全国対応)

・パナソニックのサービスページです。
こちらのページで、数秒でおおよその補助金の情報がわかります。
しかし、あくまでも目安であり最新の情報ではない場合もあるかもしれません。
その際には、当サイトの「決める前に最重要ポイント」を参考にしてください。

 

 

住んでいる地域によって、その金額や期間などが変わります。

 

自分の住んでいる地域の補助金は、地元の業者から見積の時に聞くのがいいと思います。
業者も補助金については、詳しく教えてくれます。

 

そのほうが、販売しやすいからです。

 

もしも、自分で補助金を正確に調べようと思うと時間もかかるし、大変です。

 

しかも、その情報が正しいのかどうかもわかりません。

 

後は手続きの仕方なども調べようとすると本当に大変です。

 

手続きについても、業者が代わりにやってくれますし、やり方も教えてくれます。
だから、自分で調べる必要はありません。

 

 

ただ、自分が住んでいる地域の自治体の補助金の情報は常に知っておくほうがいいでしょう。

 

知らない間に、補助金の申請期間が過ぎてしまった、、、
と言う事がないようにしましょう

注意!

補助金の締め切りが迫っています。
と、同時に地域によっては補助金の受付を終了してしまう場合もあります。
そうならないためにも、まずは自分がもらえる補助金については早めに知ておきましょう。
地元の業者に見積りをとることで解決します。

 

でも、最終的な判断はすぐに決断しないで、たくさんの見積をとってから、じっくり考えてからにしましょう!

 

 

補助金は、発電量でも金額が変わってきます。
設置の前に自分で調べたい人はコチラのアプリが便利です。

太陽光発電に役立つアプリ

太陽光発電で大切なことは、自宅の屋根のソーラーでいかにたくさんの太陽光を受け止められるかにかかってきます。
自宅屋根の角度を変えることは無理ですが、設置する際に光を受け止めやすい角度に設置することで、発電効率を高めることが可能です
でも、そんな難しいことは自分では考えられないなんて思っていませんか?

 

この世の中凄いのは、スマホアプリで発電量をシミュレーション出来る内容のアプリが登場していることです。
これから太陽光発電を設置するという人も、設置したけどいまいち発電量が増えなくて、電気代節約や売電に繋がらないな、という方に利用をしていただきたいです。

 

「すぐわかるソーラー発電量?すぐ空」というアプリがそのシミュレーションアプリです。
自宅に設置している、もしくは設置を検討している太陽光発電の出力や枚数をまず登録して、ソーラーパネルの向きと角度を設定することで、年間の発電量と電気代が分かるという内容です。
ソーラーの角度って簡単に設定出来るものなの?
と疑問に思う人もいるでしょうけど、各メーカーに問い合わせることで知ることが出来ます。
このアプリをダウンロードして利用する人の体験談を見てみると、アプリを利用する目的として売電を意識している人が多いようです。
売電金額の算出もしてくれるので、どの方角、角度で設置すれば多く発電出来て売電で高収入を得られるかを事前に計算するのに使っているようです。
沢山電気を作るには発電ソーラーを沢山設置、という方法もありますが、それだとコストも高額になってしまいますし、屋根の大きさや設置する家の耐久も考えないといけなくなります。
その前に、いかに屋根に置く予定の太陽光発電で最大限に電気を作ることが出来るか、アプリを使う事によって計画を立てるのも賢い太陽光発電の利用方法と言えますよね。
効率の良い太陽光発電の設置方法を考えさせてくれるアプリは珍しくてかつ貴重なので、オススメしたいです。

 

 

メーカー間の太陽光発電の比較アプリ

各業者によって使用する太陽光発電のメーカーが違ってきますので、それぞれの業者の使用するメーカーの特徴をチェックすることが大切です

 

太陽光発電と一言でいっても、現在様々なメーカーが多種多様な太陽光発電システムを開発しています。
長州産業はその中の一つにすぎません。
(パネルの質はかなりのトップレベルです)

 

それらを取扱う業者もメーカー毎1本だったり複数のメーカーを取り扱っていたりと様々です。
各メーカーは自社製品についてもシミュレーションを発表していますが、あくまでも自社のデータのみであり、メーカー間の比較や家の詳しい仕様などまで織り込んでいるわけではありません。発電量や金額ベースも大切ですが、何よりも
「自分の家に無理なく設置できるかどうか」が導入を検討している人にとって重要なことではないでしょうか。

 

太陽光発電体験談を調べてみると、いざ設置したら自宅の屋根に無理のある設置方法だった、などという話も少なくはありません。

 

そういったトラブルを事前に避けるためにもアプリを活用してもらいたいと思います。
「買えぬ太陽光の発電算用」というサイトでメーカーの発電量計算など各種情報を比較できるWEBアプリを使うことが出来ます。
このサイトではエクセル版のシミュレーションもありますが、エクセルを使えない場合はアプリを使ってみましょう。

 

このアプリで調べられることは主要メーカーの発電量比較です。
このWEBアプリを実際に体験してみましたが、基本システム選択でメーカーを選び、ソーラーシステムの面数や角度、向きなどを自分で入力していくという内容です。
難しい用語などが加わっていたりして、面倒だなあと思ったりもしましたが、月単位での発電量の違い(やはり夏が高めですが5月がもっとも発電に効率良い時期のようですね)をグラフとして見ることが出来るので、結構面白いなと思いました。

 

このWEBアプリを使って知ったことは、例えば発電量のシミュレーションデータはメーカー標準方式とJIS方式の2つがあるということを知りました。
アプリを使う事でその両方式の違いなども簡単に比較することが出来ます。

 

対象都市の選択も簡単にできるので、メーカー間の比較をするための手段の1つとして利用してお勧め出来ます。