太陽光パネルを海外製と国内メーカーで比較

現在日本で出回っている太陽光発電のメーカーは50社を超える数があり、どのメーカーのパネルを選ぶか悩んでしまいますね。
少し難しい話になります

  • ・太陽光発電をメーカーで選ぶコツとは?
  • を簡単な言葉と説明で知りたい方は下まで移動してください。

     

    太陽光パネルを開発しているメーカーにはテレビなどの
    家電でお馴染みの日本企業が多数ありますが、太陽光パネルは
    部門が異なっているので海外の企業が手がけた部品で構築されています。

     

    そのため性能を比較するためには、海外の提携企業にも目を向ける必要があるのですが、太陽光パネルで最も重要になる発電効率での最上位は液晶テレビや半導体を手がけている企業であり、パネルはアメリカに本社を構えているメーカー製です。

     

    実は2番目に発電効率に優れていて発電量も多い企業もかつてはアメリカの同一組織の物を採用していたのですが、現在では自社製に切り替えているので若干能力が低下してしまいトップではなくなりました。

     

    そして3番目にはかつて同じく家電や音楽再生機器、自転車などを販売しているメーカーがありましたが
    今では西日本エリアのみで太陽光パネルの製造販売をしているメーカーが位置しています。

     

    業者がリリースしているシリーズは独自の接合構造を生み出して作られているので、従来型に比較して
    送電ロスが小さくなっている上に太陽光に限らず紫外線でさえも電力に変換できるほど高性能です。

     

    こうしたトップ3に位置しているメーカーはやはり安定性と耐久性、供給能力の観点で高額になるので
    費用面で考えた時には選択肢に入るリストが著しく変化します。

     

    人件費や供給能力、国によるサポート体制なども価格には反映されるのですが
    やはり中国製の太陽光パネルを使っている会社はキロワットの単価では28万円という安さです。

     

    次いでドイツで生まれたシステムが続くのですが、意外性が高く感じられるのは
    3番目の宮崎県の組織であり、キロワットで換算すると31万円です。

     

    また太陽光パネルは敷地の地面に設置する方法の他に住宅の屋根に取り付ける場合もあり、
    特に住宅地などで敷地面積に余裕が無い時には屋根に設置されます。

     

    住人としては太陽光パネルの重量も気になるポイントなのですが、業者間で大きな重量差は無く
    突出して軽量でも6キロ程ですし重量が多くても12キロ程で屋根に物件にダメージは生じません。

     

     

    ここまでは、あえてメーカーの名前を出さないで解説しました。
    その理由はこの下を読むとわかると思います。


     

    太陽光発電をメーカーで選ぶコツとは?

    みなさんが気になる長州産業のパネルはも性能も保証も評判もいいのですが、
    何度も言うように、あなたの場合にそれが最適な選択かどうかはわかりません。

     

    もっと、ベストな選択があるケースがあります。

     

    それぞれのメーカーも、様々な特性を持っており、自分の家にぴったりの物を選ぶには、
    やはり専門家の知識や経験が必要になってきます。

     

    そこで太陽光発電の設置業者の一括見積もりサービスを利用しましょう。

     

    見積もりの際に、屋根の形状や広さ、素材、築年数などを入力して専門フォームから申し込むと、複数の業者が自分の家に適したメーカーのパネルでの見積もりを送ってきてくれます。

     

     

    ここで複数の業者に見積もりを出してもらうのが、重要です。
    もちろんその中に長州産業も含まれます。

     

    それぞれの業者が50を超える種類のパネルを扱っているわけではありませんので、各業者によって使用するパネルや料金が変わってきます。
    多くの種類から比較検討でき、自分の希望にあった太陽光発電を設置できるというわけです。
    特殊な形状の屋根を使用している場合や、あらかじめ希望のメーカーがある場合は、見積もり申し込みの際に具体的に記載しておくとよいでしょう。
    この一括見積もりは、数分で申し込めるうえに無料なので、気軽に利用できますね。

     

    テレビでよく目にする長州産業でもあるので気になる人も多いと思います。
    さらに訪問販売での営業マンが来ることも多いそうです。

     

    しかし、その時にすぐに決めるのではなく一括見積もりをすることからはじめましょう!