太陽光発電の今後が見える?

家庭用の電力関係

数年前からキャップ・アンド・トレード方式による国内排出量取引制度についてうまく応用すればガバナンスではデメリットであった広さが強みに変わると思うんです。
これも検討したいと思います。
まずは環境の最先端を知らないとダメです。
とにかく勉強しなければならない事が多すぎて頭がついてきません。
太陽光発電も地域によっては、導入しても気候的に不採算になるケースがあるとか、ヒートポンプの意味とか、ある程度生活に関する事しか頭に残らない。
原発のように、人口の多い都市のエネルギー需要を田舎の自治体がリスクと補助金を交換し成り立たせる危うさはまったく感じません。
恐ろしく苦手な分野ですが、しかし、地域再生にはすごく期待できるツールだとは直感で思いました。
太陽光発電の今後としては様々な意見があります。
他の代替エネルギーに変わるのか?
しかし、現時点では家庭用の電力関係は太陽光発電が一番有効なのだと思います。
現時点と書きましたが、現時点で今後何十年後の家庭用電気関係についての話です。

 

新エネルギーは世界を救うでしょうね。人に価値観が変われば新エネルギー市場ももっと伸びる。
生産過剰に対する企業の責任はもっと重くあるべきではないでしょうか。

 

 

まず、タワー型には2つの弱点があります。

1つ目は溶融塩の取扱いの難しさです。
溶融塩は180度を下回ると固まる性質があるので、夜に太陽の熱が途絶えている間にタワー上部のレシーバー内部、そこに至るまでの配管の溶融塩が全て固まってしまうのでこれを避けるために、夕方にはタワーの配管の溶融塩を全て抜き取り、次の日の朝には溶融塩をポンプアップ(スタートアップ)
する必要があるので、日々の運用が極めて困難です。

 

2つ目は、集光を安定させるヘリオスタットの管理の複雑さです。

タワー上部のレシーバーで集めた熱を確実に溶融塩に受け渡すことができなければは発電効率が下がるばかりか過剰なエネルギーで機器を破損する恐れがあり、そのため厳密にはヘリオスタットはタワー上部のレシーバーの1点を狙って集光するのではなくレシーバーの円筒表面を一様に照らすように、一基一基、別の狙いの位置をプログラムする必要があり、更に年間の太陽軌道の変化点のプログラム数を全てのヘリオスタットに掛け合わせるとプログラム作成は膨大な作業になるし、これを緯度や地形の異なる発電所毎に繰り返していたら、一向にこの技術は広まらないと思います。

 

 

JFEエンジニアリングは、太陽エネルギー発電の技術開発を進める拠点として、横浜本社(横浜市鶴見区)内にソーラーテクノパークを完成させ、施設を公開した。同社では、本施設での最先端の技術開発を進め、今後は、国内では震災復興地域を中心に、また、海外では豪州などサンベルト地域において、太陽エネルギー発電事業を展開。同分野において、2015年度の売上として500億円以上を目指す。
タワー集光型太陽光発電設備については、「ハイパーヘリオス」と命名し、2013年度に商用化予定。この設備は、国内においては、従来型技術のシリコン系太陽光パネルに比べて、セル発電効率で2倍、単位面積当たりの発電量で1.5倍、設備コスト(kW当たり)で 25%削減、発電コスト(kWh当たり)で30%削減を目指している。
リニアフレネル型太陽熱発電は、既に商用化をしており、海外を中心に営業を展開している。国内においては、太陽熱発電は現在FIT(エネルギー固定価格買取制度)の適用外となっているため、今後の適用が期待されている。

それ以外の参考サイト

一般社団法人日本太陽エネルギー学会
http://www.jses-solar.jp/

太陽光発電の今後が見える?関連ページ

太陽光発電の悪質業者の手口(詐欺事件)
太陽光発電の悪質業者の手口(詐欺事件)太陽光発電を設置する際に、気をつけること、知っておかなければ、損をする情報などを、太陽光発電の上手な選び方をご提案致します。