長州産業の太陽パネルの評判と口コミ

長州産業の太陽光発電パネルに決めても大丈夫なのか?再確認

当サイトでは、長州産業の太陽光パネルがなぜ人気なのか?
評判や口コミ、実際に設置した人の体験談なども参考にして、パネルの特徴やその理由をもわかりやすく解説します。

 

さらには設置する際に、地元の業者を選ぶ際に気をつけること、知っておかなければ損をする情報など
上手な選び方などを解説します。

 

今や太陽光発電の導入を検討するきっかけは人によって様々です。

 

「訪問販売で営業マンがきたから」⇒関連ページ長州産業の訪問販売について
「ネットで検索してる時に気になった」
「テレビのニュースで見たから」
「テレビCMで見たから」
「リフォームや新築の時に業者に勧められた」

 

しかし、いざネットで詳しく調べてみようとすると、
・業者・販売店・メーカー(パネルの性能や料金など)・補助金
など、色々な情報があり、なかなか自分で納得して理解するのが難しいです。

 

そこで当サイトでは、テレビCMでもお馴染みの「長州産業」を中心に解説します。

 

 

テレビCMでも、耳に残る音楽で「太陽光は長州産業〜♪」と、軽快な歌が流れているので、一度は聞いたことがあると思います。

 

・テレビCMをしているから、太陽光なら本当に長州産業が一番いいのか?
・実際に体験した利用者の話を参考にする
・他にもっといい太陽光発電はないのか?
・訪問販売でも来たけど、信用していいのか?
など、気になることは、たくさんありますよね。

 

★そもそも太陽光発電パネルの長州産業とは?

 

長州産業は、1980年創業で住宅関連機器の製造販売会社です。
以前までは、三洋電機の太陽光パネル「HITをOEM供給」を受けて販売していましたが、
2009年から、自社製品の製造・販売を行っています。
保証制度の充実等や単結晶シリコン型にて他メーカーとの差別化を図っています。

 

●長州産業が評判になっている理由

東日本に住んでいる人には、一般的にあまり馴染みがない「長州産業」という会社ですが、太陽光発電の業界では、誰でもが知っている会社です。

 

なぜ?業界では有名なのかというと、その製品技術力です。

 

その裏付けとして、「業界では、唯一、雨漏り保証10年」をしてくれます。

 

この保証を付けるためには、徹底的に「雨漏り防止策」が行われます。
他のメーカーに比べて、施工基準が卓越しています。

 

その徹底ぶりも業界では有名です。

 

だから「長州産業」という会社は、ネットでも評判がいいです。

 

国内生産の太陽光パネルで出力ナンバーワンという評判

 

保証期間が他社よりも長いという特徴

 

国内生産で性能もトップレベルというのも信頼される理由の一つ

 

 

しかし!

 

勘違いしてはいけないのは、
あくまでも長州産業はメーカーであり、施工業者ではないということです。

 

太陽光発電装置を施工するのは、その地域の施工業者で長州産業が直接、施工するわけではないということです。

ただし、長州産業の場合は、施工に関しても独自の認定店制度を設定しており、
現場にも管理者として立ち会うそうです。
長州産業の施工認定店制度

 

他の業者や販売店などの業界全体の話をすると、
いくら施工基準が優れていても、それをしっかり守るかどうかは、その施工業者によって変わる場合があります。

 

さらに、業者によっては、平均よりもかなり高額な料金を請求してくる業者もいます。

 

その金額は、大きくて50万円から80万円くらい変わる場合があるようです。
※悪質な販売店で過去にあった事例です。

 

この高額な料金を設定している業者の多くは、訪問販売の業者が多いようです。

 

 

こういった例は以前から、この業界では有名な話で、訪問販売の営業をそのまま信じて、購入するとあとで失敗するというものがあります。

 

 

訪問販売の営業の人は、言葉巧みに説明してきます。だから、その言葉を全部信じて決めてしまってはいけません。

 

次は少し難しい話になりますが、パネルの特徴や人気の理由などを紹介します。

長州産業の太陽光パネルの特徴

長州産業の太陽光パネルは発電の要であるソーラーパネルをはじめ
コントローラーといった主要な装置は全て国内で手がけているので
故障に見舞われにくいのは当然の事ながら、メンテナンスや消耗品等の交換が迫られたとしても
安定的に部品を供給し続けられます。

 

そうしたメインパネルはもちろん、細部に至るまで上等な部品で構成されているので
最も気がかりな最大出力が懸念材料になる事はありません。

 

最大出力が高められる理由とは?

各部材間でメーカーによる差異によってエネルギーロスが生じないという特徴があるためで、1枚で1年間に生み出せる発電量は336キロワットにもなります。
大手の電機メーカーの場合は、それぞれ異なる場で製造されたパーツを組み合わせているので
途中でロスしてしまい、同一条件でも257キロワットまで落ち込みます。

 

そして長州産業の太陽光パネルは天候に左右されにくいという特徴も兼ねており、言わずもがな最も効率的に発電可能なのは晴天時なのですが、厚い雲に覆われている空でも著しく落ち込む事はないですし、雨天でも全く電力が生み出されないといった事はありません。

 

また、ソーラー発電は同一機器で十数年間にわたって稼働し続けるので
その間には様々なトラブルが生じますが、無料標準という保証制度に他社には無い特徴があります。

 

最も保証期間が短い事例だと大手でも出力と機器が共に10年間しか設けられていないケースもあるのですが、
長州産業の太陽光パネルは出力が25年で機器についても15年間で考えられています。

 

しかも、数ある主要メーカーの中で雨漏りを含む施工についても対象にしている企業は他にない上に10年間もあり良心的です。

 

実は太陽光発電は10年が一つの節目とされていて、その後は著しく劣化が進行するので
他社の場合は新規顧客獲得を増やすための謳い文句と言っても過言ではないのですが、長州産業の太陽光パネルは顧客獲得ではなく本来の維持管理といった目的を持っています。

 

長州産業の太陽光パネルが人気の理由は国内で手作り感覚!?

技術開発をしている業者と言えば、世界的にも知名度が高い企業が有名なのですが、実は日本に根ざした企業として
長州産業の太陽光パネルの品質が高いと言う理由で人気があります。

 

ただし、全国平均で考えた場合には知名度が低くなってしまうのですが、西日本に限って考えると
そのシェア率は突出して高くなっています。

 

地域によってはその割合は5割を有に超えている程であり、今日においては
東日本にて同業他社として営業している組織がパネルをオススメするケースもあるほどです。

 

そうした点から着々と知名度が向上しているのですが、いわゆる口コミのみでこれほどまで広まっていったのは
非常に質が高いのに、導入しやすい価格設定と共に手厚い保証が約束されているためです。

 

また基本的にパネルはデリケートであるのに常時、屋外に設置して利用する物なので雨風に吹きさらしになり
故障しやすいのですが、それには要因があります。
その理由は、他社の場合は販売自体は国内メーカーが行っているものの、製造は海外の工場で実行されている点が関係しているのです。

 

一方、長州産業の太陽光パネルは規模が小さいからこそ大量生産をする必要性に迫られることなく、
上質な物を一つずつ丁寧に組み立てられる余裕があるので耐久性に優れています。

 

そうした不具合の無い使い心地が人気の理由であり、利益重視ではなく
本当に環境の事を考えているからこそ、利用者にも満足されているので評判が広がっています。

 

長州産業の太陽光パネルと他メーカーの比較

創業以来、国内の大手メーカーと業務提携を行う中、
機械、電気、電子、ソフトウェアなどの技術を吸収してきました。
現在では、これらの技術をフルに活かした太陽光パネルの生産を行い、多くのユーザーから選ばれています。

 

そして、ソーラーパネルとパワーコンディショナーの両方を国内で生産して高い品質で勝負していることが特徴です。

 

逆に、ほとんどのメーカーの場合はソーラーパネルの生産は海外メーカーに依存し、コスト削減を狙っています。

 

その理由とは?

同社ではソーラーパネルの開発は本社工場で行っているため、開発部門と製造部門が緊密な連携を取ることができるので
より良い技術が見つかればすぐに反映できますし、製品に万一トラブルが生じた場合でも、すぐに対応できる点が特徴です。

 

他のメーカーと比較して変換効率が高い

変換効率が高いということは、電力の生産効率が高いということです。

 

家庭の多くは、電気代の節約を主たる目的としているので選ばれている理由の1つにもなっています。

 

さらに、選ばれている理由は、他のメーカーに比較して保証がしっかりしている点が挙げられます。
繰り返しになりますが、雨漏りを含んだ施工保証は、屋根に穴を開ける作業が伴う太陽光パネルの場合は
住宅の雨漏りが発生する可能性が潜んでいるので、こうしたトラブルにも対応するのは、長州産業だけなのです。
また、他メーカーに比較して長い保証期間が設けられているのも前途の通りです

 

以上のように、長州産業の太陽光パネルを他メーカーと比較してみると、高品質でエネルギー効率に優れた国産パネルであること、充実した保証が付けられていることが明らかになります。

 

長州産業と他メーカーうを比較した場合

発電効率は 第3位(Gシリーズ)
パネルの軽さ 第1位
保証関連   第1位

 

しかし、安さや販売量を考えると他のメーカーのほうが上位に来ることが多いです。

 

 

 

ここまでは、メーカーとしての長州産業の太陽光パネルの特徴などを紹介してきました。

 

ここからは、地元の設置業者の選び方などについて解説をして行きます。

[太陽光発電]料金が安い業者選び

当サイトとしては、パネルは長州産業がオススメです。

 

しかし、上記で説明したパネルの特徴や品質について理解できる人は少ないと思います。
さらに、シリーズによっても性能や値段が変わったりするので、素人には判断ができない可能性もあります。
でも、実は、それはあまり大事なことではありません。

 

もっとも重要なのは、あなたの自宅の条件に最適なのかどうかです。

 

さらに、太陽光発電を導入するにあたり、設置業者をどのように選ぶのか?も重要にもなります。
この際に、料金だけで判断するのは間違いです。
発電量、補助金、工事費、耐久度、アフターケアなど、総合点で評価しなければいけません。

 

 

そして、重要なことを理解しなければいけません。

 

★チェックポイントとなるのは、

  • ・自宅の屋根の形状
  • ・住んでいる地域(日照時間)
  • ・補助金(自治体によって金額も募集期間も変わります)
  • ・発電量・売電価格(出力や日照時間)
  • ・施工費(工事会社によって変わることも)

などですが、これらのポイントは人によってまったく違います。

 

同じ条件ということは、ほぼありません。

 

さらに、実際に工事をする地元の業者の質も大きく関係してきます。

 

 

だから、全国的に人気の業者や価格が一番安いメーカー、インターネットで評判がいい業者、
これらをネットで調べても意味がないことになります。

 

何が、重要かと言うと、
自宅の状況によってその中で一番いい条件で探すことです。

 

どれだけ全国的に評判が良いメーカーのパネルや業者でも、自分の住んでいる地域にその会社がなければ購入できませんし、販売する料金設定も変わる場合もあるし、ネットで評判がいいメーカーでも、実際に施工するのは、地元の業者だからです。

 

たとえ業界でも評判がいい大手有名メーカーでも、実際に施工する業者によっては、施工時が心配ですし
料金が高額になるという話をよく聞きます。
そうならないためにも、最終的に決める前に見ておきたいのがコチラのぺーじです。

※このページを参考に!(当サイトで一番よく見られているページです)

 

一括見積もりの後は面倒くさいのか?

太陽光発電の一括見積もりをすると、その後にしつこく営業をされるから
躊躇してしまうという方がいるそうです。

 

確かに、一括見積もりサイトによっては、そのような悪質な業者と契約しているケースも多くあります。
そこの施工業者も、営業をかけることで受注したいと思っているからです。

 

しかし、そのようなひつこい営業活動は、ユーザーからの報告により
一括見積もりのサイトから排除されます。

 

それは当サイトで紹介しているサイトになるのですが、太陽光発電の施工業者を見極める前に
まずは、一括見積もりのサイトもしっかりと選ぶ必要もあります。

 

同時に多くの業者に見積もりを受けることができる!
これは非常に大事なことです。

 

 

なぜ、一括見積もりが必要なのか?

それは、他社との比較、そしてあなたがもっと情報を得る必要があるからです。

 

安易に1社の営業だけ受けては、その施工業者にとって都合が良い部分しか知らされません。
偏った業者に有利な情報ばかり集めても、意味はないのです。

 

簡単に購入するようなものではない太陽光発電だからこそ、
面倒でも多くの業者からの見積もりを取る必要があるのです。

 

 

太陽光発電を選ぶ際のまとめ

太陽光発電については、人によって様々なケースがあります。
例えるのなら恋愛のように、他人と同じ状況や解決方法があるものでもありません。
だからこそ、自分にとって一番最適なものを探す必要があるのです。

 

 

ちなみに、私自身がそうだったのですが、あまりにも情報量が多いと混乱してしまうから
極力、専門用語や太陽光パネルに関する様々な数値などは記載しないようにしたかったのですが
最低限の数値は説明する上で必要なので理解してください。
しかし、誰でも簡単に理解が出来るようにしているつもりです。

 

いきなり多くの情報を見せられるよりも、徐々に太陽光発電についての知識を増やしていった方が
正しい知識を身に着けることが出来ると思います。

 

そこで少しでも参考になるのが実際に体験した人の口コミを参考にすることです。
それでも同じ状況はないと思いますが、少しでも似ている環境の口コミもあるでしょう。
そういったものも参考にするといいと思います。

参考リンク

【2018年度】太陽光発電の売電価格経済産業省のHP
再生可能エネルギーの2018年度の買取価格・賦課金単価等

トップへ戻る