長州産業・太陽光発電

当サイトでは、
長州産業のいいところ、悪いところや太陽光発電を設置する際に、気をつけること、知っておかなければ、損をする情報などを、太陽光発電の上手な選び方をご提案致します。

 

ちなみに、
極力、専門用語や太陽光パネルに関する様々な数値などは記載しないようにしています。
私自身がそうだったのですが、あまりにも情報量が多いと混乱してしまうからです。
なるべく専門用語を使わずに、誰でも簡単に理解が出来るようにしているつもりです。

 

いきなり多くの情報を見せられるよりも、徐々に太陽光発電についての知識を増やしていった方が
正しい知識を身に着けることが出来ると思います。
※他にも、忘れてはいけない「補助金」についても説明します。

 

 

今や「エコ」という考えだけで、太陽光発電を導入する人は少ないです。

 

どちかというと、補助金や今後の電気代など、金銭的な問題から、太陽光発電の設置を考えている人が多いです。

 

太陽光発電の導入を検討するきっかけは人によって様々です。
「訪問販売で営業マンがきたから」⇒関連ページ長州産業の訪問販売について
「ネットで検索して」
「テレビのニュースで見たから」
「テレビCMで見たから」など。
しかし、ネットで詳しく調べてみようとすると、
・業者・販売店・メーカー・補助金
など、色々な情報があり、なかなか自分で納得して理解するのが難しいです。

 

そこで当サイトでは、テレビCMでもお馴染みの「長州産業」を中心に解説します。

 

 

テレビCMでも、耳に残る音楽で「太陽光は長州産業〜♪」と、軽快な歌が流れているので、一度は聞いたことがあると思います。

 

・テレビCMをしているから、太陽光なら本当に長州産業が一番いいのか?
・実際に体験した利用者の話を参考にする
・他にもっといい太陽光発電はないのか?
・訪問販売でも来たけど、信用していいのか?
など、気になることは、たくさんあると思います。

 

 

長州産業
長州産業株式会社.※写真とは関係ありません。

 

★太陽光発電の長州産業とは?

 

長州産業は、1980年創業で住宅関連機器の製造販売会社です。
以前までは、三洋電機の太陽光パネル「HITをOEM供給」を受けて販売していましたが、
2009年から、自社製品の製造・販売を行っています。
保証制度の充実等や単結晶シリコン型にて他メーカーとの差別化を図っています。

 

●長州産業の評判をご紹介

一般的にあまり馴染みがない「長州産業」という会社ですが、太陽光発電の業界では、誰でもが知っている会社です。

 

なぜ?業界では有名なのかというと、その製品技術力です。

 

その裏付けとして、「業界では、唯一、雨漏り保証」をしてくれます。

 

この保証を付けるためには、徹底的に「雨漏り防止策」が行われます。
他のメーカーに比べて、施工基準が卓越しています。

 

その徹底ぶりも業界では有名です。

 

この「長州産業」という会社は、ネットでも評判がいいです。

 

最近では、国内の太陽光パネルで出力ナンバーワンという評判もあります。

 

さらには、保証期間が他社よりも長いという特徴もあります。

 

国内生産というのも信頼される理由の一つです

 

 

しかし!

 

注意が必要です!

 

まず、施工するのはその地域の施工業者で長州産業が直接、施工するわけではないということです。

 

いくら施工基準が優れていても、それをしっかり守るかどうかは、その施工業者によって変わる場合があります。

 

さらに、業者によっては、平均よりもかなり高額な料金を請求してくる業者もいます。

 

その金額は、大きくて50万円から80万円くらい変わる場合があるようです。
※長州産業の太陽光パネルの話ではなく、過去にあった事例です。

 

この高額な料金を設定している業者の多くは、訪問販売の業者が多いようです。

 

 

長州産業に限った話ではありませんが太陽光発電の業界では有名な話で、訪問販売の営業をそのまま信じて、購入するとあとで失敗するというものがあります。

 

 

訪問販売の営業の人は、言葉巧みに説明してきます。だから、その言葉を全部信じて決めてしまってはいけません。
長州産業の訪問販売

 

 

[太陽光発電]料金が安い業者選び

太陽光発電を導入するにあたり、料金だけで判断するのは間違いです。
発電量、補助金、工事費、耐久度、アフターケア
など、総合点で評価しなければいけません。

 

 

★そして、重要なことを理解しなければいけません。

 

チェックポイントとなるのは、

  • ・自宅の形状
  • ・住んでいる地域
  • ・補助金
  • ・発電量
  • ・施工費

など、ですが、これらのポイントは、人によってまったく違います。

 

同じ条件ということは、ほぼないでしょう。※同じ地域ならありえますが。

 

さらに、実際に工事をする地元の業者の質も大きく関係してきます。

 

 

だから、全国的に人気の業者や価格が一番安いメーカー、インターネットで評判がいい業者、
これらをネットで調べても意味がないことになります。

 

何が、重要かと言うと、
自分の住んでいる地域の業者の中で一番いいものを探すことです。
いくら全国的に評判がいい業者でも、自分の住んでいる地域にその会社がなければ購入できませんし、
ネットで評判がいいメーカーでも、実際に施工するのは、
地元の下請け業者だからです。

 

長州産業のように雨漏りの心配が無くて、業界でも評判がいい会社でも、
実際に施工する業者によっては、施工時が心配ですし
料金が高額になるという話をよく聞きます。

 

 

太陽光発電をメーカーで選ぶコツとは?

現在日本で出回っている太陽光発電のメーカーは50社を超える数があり、どのメーカーのパネルを選ぶか悩んでしまいますね。

 

みなさんが気になる長州産業も評判はいいのですが、
何度も言うように、あなたの場合にそれが最適な選択かどうかはわかりません。
もっと、ベストな選択があるケースが多いのです。

 

それぞれのメーカーも、様々な特性を持っており、自分の家にぴったりの物を選ぶには、やはり専門家の知識や経験が必要になってきます。

 

そこで太陽光発電の設置業者の一括見積もりサービスを利用しましょう。
見積もりの際に、屋根の形状や広さ、素材、築年数などを入力して専門フォームから申し込むと、複数の業者が自分の家に適したメーカーのパネルでの見積もりを送ってきてくれます。

 

ここで複数の業者に見積もりを出してもらうのが、重要です。
もちろんその中に長州産業も含まれます。
それぞれの業者が50を超える種類のパネルを扱っているわけではありませんので、各業者によって使用するパネルや料金が変わってきます。
多くの種類から比較検討でき、自分の希望にあった太陽光発電を設置できるというわけです。
特殊な形状の屋根を使用している場合や、あらかじめ希望のメーカーがある場合は、見積もり申し込みの際に具体的に記載しておくとよいでしょう。
この一括見積もりは、数分で申し込めるうえに無料なので、気軽に利用できますね。

 

テレビでよく目にする長州産業でもあるので気になる人も多いと思います。
さらに訪問販売での営業マンが来ることも多いそうです。

 

しかし、その時にすぐに決めるのではなく一括見積もりをすることからはじめましょう!

 

 

一括見積もりの後は面倒くさいのか?

太陽光発電の一括見積もりをすると、その後にしつこく営業をされるから
躊躇してしまうという方がいるそうです。

 

確かに、一括見積もりサイトによっては、そのような悪質な業者と契約しているケースも多くあります。
そこの施工業者も、営業をかけることで受注したいと思っているからです。

 

しかし、そのようなひつこい営業活動は、ユーザーからの報告により
一括見積もりのサイトから排除されます。

 

それは当サイトで紹介しているサイトになるのですが、太陽光発電の施工業者を見極める前に
まずは、一括見積もりのサイトもしっかりと選ぶ必要もあります。

 

同時に多くの業者に見積もりを受けることができる!
これは非常に大事なことです。

 

 

なぜ、一括見積もりが必要なのか?

それは、他社との比較、そしてあなたがもっと情報を得る必要があるからです。
安易に1社の営業だけ受けては、その施工業者のいい部分しか知らされません。
偏った、業者に有利な情報ばかり集めても、意味はないのです。

 

簡単に購入するようなものではない太陽光発電だからこそ、
面倒でも多くの業者からの見積もりを取る必要があるのです。

 

 

太陽光発電を決める前に|最重要ポイント

ここまで見ていただいた方は、太陽光発電の購入を決める前にするべきことはもう分かっていると思います。

 

◆太陽光発電一括見積もりサイトで、可能な限りたくさんの業者から見積りを取る!

 

しかも、複数の見積もりサイトへ同時に見積をとったほうがいいです。
※時期が違うと、料金などが変わる場合があるからです。

 

もちろん一括見積は無料です。

 

 

ここでは、その「一括見積もりサイト」をご紹介します。

 

私が一番にオススメするのは、ネットでも一番人気のこちらのサイトです。
太陽光発電の全国優良業者、見積比較
とても簡単に一度にまとめて見積り請求ができます。
比較サイトの中でも、もっとも有名で簡単に利用が出来ます。
※何度も言いますが、もちろん無料です。

確認事項

  • ・見積もりを取るだけなので正式な申し込みではありません。
  • (当然のように、必ず契約しなければならないわけではありません。)
  • ・個人情報の取り扱いも暗号通信と個人情報の取り扱いについても徹底されているので安心です。
  • ・勧誘がひつこい業者はペナルティー制度により排除されるので優良企業が残る仕組みです。

■結果をまとめると
無料で利用が出来て、個人情報の取り扱いも安心で、利用時のしつこい勧誘などの心配もない。

 

★次に人気があるこのサイトは、とてもわかりやすいです。
太陽光発電全メーカー対応サイト グリーンエネルギーナビ

 

個人的に私はこのサイトが好きです。
・地域の補助金もサイトメニューの、「全国補助金一覧」からすぐに見つけられます。
・国内最大級規模の比較サイトと言われています。
・サイトの構成、太陽光発電に関してわかりやすく説明しています。
※何度も言いますが、もちろん無料です。
※価格比較サイトの大手であり老舗です。
インターネットをしたことがある人なら一度は聞いたことがあると思います。

 

 

これらふたつのサービスは、絶対に利用した方がいいでしょう。
※他の方法もあとから説明しますが、こちらが最も有効的な方法だと言われています。
もちろん、無料で利用できます。
どちらも、優良企業の見積りが一括で取れます。

 

しかも、サイトを見るとわかると思いますが、契約業者数が業界ナンバーワンの多さです。
おそらくこのふたつのサイト以外で、これだけの業者と一括で見積りが取れるサイトはないでしょう。

 

利用する際に注意することとやっておきたいこと

ワンポイント

長州産業の太陽光パネルが気になる方は、見積もり依頼のページで
しっかりとその旨を記入することを忘れないようにしましょう。
それ以外でも、気になることは詳細に書いた方が結果も満足がいくものとなります。

なぜ、多くのサイトや業者に同時に見積りを取る必要があるのか?

本当は、自分が住んでいる地域の太陽光発電を扱っているすべての業者の見積りを取ることが望ましいです。
しかも、同時期に。

 

せっかく無料で簡単に見積りをとれるわけですから、利用しない理由がありません。

 

しかも、多くの業者に見積をとった後に、何が出来るのか?というと、
それぞれの業者に、
「あっちの業者は、工事費が○○円だけど、どうなの?」
「あそこの業者の評判はどう?」
「他のメーカーの設備の性能は?」
など、ライバル業者の事を聞くことができます。

 

そうすると、営業マンは、他の業者の悪いところなら喜んで言ってきます。
そして、その悪い部分を全て聞いて、その中から自分に一番いい業者を選択するのです。

 

そうするためにはやはり、複数の業者と同時に連絡を取る必要があります。

 

よく、しつこく営業されるのが嫌だという人がいますが、それは1社しか連絡をとっていないからです。
だから、自分の迷いに付け込まれます。
複数の業者と同時に見積りを取り、連絡を取ることで、情報も取得でき知識も豊富になるから、断る自信が出てきます。
さらに他の業者も同時に連絡をとっているわけですから、断る言い訳もできます。
結果的に、業者任せではなく、正しい決断ができるようになるのです。

意外な事で得するケースがある?

これは稀なケースですが、タイミングによっては、
業者がたまたま余った材料(設置器具など)があった場合に、話の内容によって
値引きしてくれるケースもあるそうです。
業者としても、あまった材料を効率的に活かすことができるというメリットもあり、こちら側もその分安くなるので得をします。
※余ったと言っても、欠陥部品というわけではなく、工事の過程であまっただけの正常な材料です。

 

こればかりは、タイミングによるものなので狙って出来るものではありませんが、
多くの業者に話をすることで、このようなケースに当たることもあります。

特集記事追加

  • 太陽光発電が無料で設置できる!?
  • (下に移動します)

    初期費用なし!メンテナンスなし!無料で設置が出来る!?
    このような嘘のような話があります。
    詳細はページの下の部分で説明しています。
    ★個人的な活用方法はお勧めです★

     

    ちなみに、他にも一括見積もりサイトはたくさんあります。
    例えば電化製品などでも有名な価格ドットコムなどでも太陽光発電業者の一括見積りができるサービスがあります。
    http://kakaku.com/taiyoukou/
    ・ただし、取扱企業やシステムは上で紹介した「グリーンエネルギー」と同じです。
    (中身が同じで外側が価格ドットコムと思えばわかりやすいでしょう)
    なのでどちらを利用しても同じかもしれないので好みでこちらを利用する人もいるかもしれません。

     

    他にある程度の地元業者を探す方法もあります。

    どうしても住所や名前などの個人情報を入力しくない人やまずはある程度の情報が欲しい人はこちらもおすすめです。
    一般社団法人太陽光発電協会という組織があるのですが
    そこが認定したPV施工技術者のいる会社を目安にしてもいでしょう。
    ※ちなみに一言で言うと、「太陽光発電業界を代表する協会」となるみたいです。

     

    その協会が推進する取り組みの一つに
    「PV施工技術者のいるPV事業者」で地元を探してみるという方法があります。
    ※これらは住宅用太陽光発電システムの施工における一定水準の品質の確保・向上を目的としているようです。

     

    これだけで探すのは、情報が少なすぎるとも思いますがある程度の目安にもなり
    まずは最初の段階で交渉する業者の候補にも成り得ます。

     

     

     

     

    太陽光発電は、家の内装や車を購入するよりも多くの見積りが必要です。

     

    車は、もし購入後に気に入らなくて下取りに出しても、そんなに損害にはなりません。
    しかし、太陽光は家と同じで何十年も付き合うものです。
    だからこそ、購入前に多くの業者から見積りを取ることから始まるのです。

     

     

    お早めに!

    補助金の締切が迫っています。
    市町村によっては、もうすでに定員に達して、補助金が締め切られているところもあるそうです。

     

    その状況を知るためにも、まずは早めに地元業者への見積もりを取り情報を聞き出してください。

     


    ※公式サイトは上で紹介しています。

     

    【特集記事追加】太陽光発電が無料で設置できる!?

    初期費用やメンテナンス費用などが無料で、太陽光発電を設置できるサービスがあります。
    その名は、日本エコシステムという業界でも老舗として知られている会社がサービスを開始した
    【じぶん電力】というものです。

     

    無料で太陽光発電が設置できるなんて、怪しさ100%ですよね?

     

    その裏には何があるのでしょうか?


    実際に、本当に無料で自宅に太陽光発電装置を設置することが出来ます。
    ※しかも国内製造のしっかりした製品だそうです。

    その仕組みは?

    まず、太陽光で発電した電力は自分の物ではなく、日本エコシステムのものになります。
    だから、売電も出来ないし、電気代は普通に発生します。

     

    ポイントをあげてみます。

    ・結果的に、少しは電気代が安くなるケースがある
    (※条件により変わり、月500円から1000円くらいだと言われています。)
    ・停電の時に非常用コンセントが使える
    (※これにも条件があります)
    ・環境問題に関心がある人にはメリットかもしれない

    ・簡単に言ってしまうと、太陽光発電パネルの場所を貸しているような感じ
    ・20年の契約年数がある
    (※20年経過後は、そのままもらえる。途中でやめる際には買い取りも可能。)

    ★他にも、様々なキャンペーンやお得なシステムがあります★

    自宅に太陽光発電パネルを無料で設置できるけど、発電した電力は自分ではなく会社(日本エコシステム)の物になる
    ということは、太陽光発電に切り替えることは出来るけど、
    条件によっては、あまり得をしないし、場所を貸しているだけという感想を持つ人もいる。

    ※ちなみに、「日本エコシステム」は長年太陽光の業界でも実績があり信頼されています。
    ※同時に、エネットもNTTファシリティーズ、東京ガス、大阪ガスによって設立された新電力会社です。

     

    ただ、無料で診断が出来るから、興味がる人は公式サイトで確認してみてください。

    公式サイトで料金のシミュレーション

    http://www.jibunden.com/plan.html

     

    個人的な活用方法

    人によってはあまり興味をそそられないサービスかもしれませんが、このサービスを活用する個人的にオススメの方法があります。
    それは上でも説明したように、一括見積りと併用して利用することです。
    一括見積もりの結果で、業者とのやり取りをする上で、この「じぶん電力」で診断してもらった情報を提示するのです。


    自分でもパネルの設置は考えているけど、「じぶん電力」というサービスにも興味がある。
    だから今よりも、もっと良い条件での契約は出来ないか?

    など、交渉の材料にも使えるという点で個人的に活用できると思います。
    もちろん、この「じぶん電力」のサービスを実際に利用する人も多くいるので、どちらにするのかは診断結果を見てから決めてもいいでしょう。

     

    大事な事は、太陽光パネルを設置する業者だけではなく、同じようなサービスの情報を取り入れる事で有利に交渉が出来、結果的に正しい判断が出来やすいということです。

     

     

     

     

    発電機器やメーカーとは別に設置業者に関して

    これも一括見積で簡単に探すことが出来ますが、
    もしも、その前にある程度の目安が知りたい人はこちらのページも参考になるででしょう。
    http://pv-planner.jp/member/member-list/
    ●一般社団法人 日本PVプランナー協会の会員

     

    太陽光発電の健全な市場発展を求めている団体でそこに参加しているということはある程度信用ができるような気がします。
    上のページで地元の企業が見つかれば、ある程度の目安にもなるでしょう。

     

    しかし、それだけの情報で決めてしまうのはオススメしないです。

     

    信頼はできるかもしれませんが、他との比較も大事です。
    同じ条件でも金額が違ったり、サービスが違うケースもよくあるので自分にあったものを探す必要があります。

     

    長州産業のクチコミについて

    ここでは、実際に長州産業で太陽光発電を購入した人のクチコミをご紹介します。
    ※一部文章を修正しています。

     

    ケース1

     

    ・ある日、訪問販売で営業の人が来て太陽光発電を勧められました。
    テレビなどを見て以前から興味があったので、購入を検討しました。
    長州産業の太陽光発電でした。

     

    少し不安なところもあったのですが、営業の人を信じて決断しました。
    ところが、契約後からその営業の人ではない他の人がくるようになり、態度もなんとなく横柄な感じでした。

     

    なんとか設置までできたのですが、思うところがありネットで少し調べてみたら、金額がおそらく標準よりもだいぶ高額だったようです。
    たぶん設置費用、工事費が高いみたい。。

     

    まだ、設置後そんなに経っていませんが、今ではだいぶ後悔しています。
    もっと、しっかり調べればよかった…。
    <愛知県30代男性>

     

    ケース2
    ・テレビのCMを見て、長州産業を知り、インターネットで調べてから購入しました。
    一括見積もりサイトというのを見つけたので、そこで一括見積もりを請求して、一番よさそうだったからです。
    工事も施工後も問題はなく、発電量も満足していたのですが、ある日知り合いの人も太陽光発電を導入したという話を聞き、お互いに金額や発電料などの話をする機会がありました。
    そこで、びっくりしたのですが、ほぼ同じくらいの条件なのに、金額が私の場合と、60万円くらい違っていたことです。
    素人なので詳しい理由はわかりませんが、なんか損をした気分になりました。
    よく聞いてみたら、その知人は、複数の見積サイトを利用したそうです。
    私は、少し面倒だと感じてしまい1つのサイトしか申し込みしませんでした。その結果、選択肢が減り、知人と差がついてしまったようです。
    <静岡県 40代女性>

     

    ケース3
    ・以前から太陽光発電には興味がありました。
    電気代も長い目で見ると安くなるということだし、補助金もあるということだったので設置を検討するようになりネットで色々と探してみたのですが専門用語や難しい説明ばかりでよくわかりませんでした。
    そこで見つけた一括見積もりサイトをひとつではなく、何箇所か同時に見積もりをとったところ、本当に同じメーカーでも業者によって値段が違いました。
    大きいものだと数十万円も!
    ただ、料金が安いだけで決めるのもよくないと思い、しっかりと施工する業者の人柄や会社を見るようにしました。
    そこでやっと見えてきたものがあります。
    これはそれぞれ人により、その地域によっても変わるかもしれませんが、自分で調べるよりも多くの見積もりを取ってから検討したほうがいいと思いました。
    <神奈川県 30代男性>

     

     

    ケース4
    ・前から興味はあったのですが、なかなか知識もなく先延ばしにしていました。
    そんな時に、長州産業の営業マンさんが自宅に来ました。
    なかなか感じがいい人で、興味をもって話を聞くことが出来たのですが、それでも高い買い物です。即決は出来ません。
    だから、結局はネットで調べて一括見積もりサイトで調べてから決める事にしました。最終的に、かなり納得して購入を決めました。
    <三重県 40代男性>

     

    ケース5
    ・太陽光パネルは、長州産業が一番高出力だと聞きました、。(国内製)
    保証期間も他のメーカーよりも5年ほど長いということもあり、長州産業の太陽光パネルを中心に検討しました。
    今では常識となった一括見積サイトをみんなと同じように利用した結果、長州産業のパネルを使ったものに決定をしていまでは非常に満足しています。

     

    数年前にも検討したときは、一括見積サイトを知らずに、自分でも知識が不足していると感じ、その時は導入をだんねんした経緯があります。

     

    その時期から考えると、今は本当に便利になったと感じました。
    <兵庫県 30代男性>

     

    ケース6
    これから太陽光発電を検討しようとか、取り付けようと思っているけどどのメーカーが良いのか悩んでいました。

     

    そこで私なりに調べたのですが、太陽光パネルを販売しているメーカーは世界に沢山あり、日本のだけでもいろいろあります。
    有名な所では長州産業やシャープ、パナソニック、東芝など沢山のメーカーがあり各社いろいろな特徴があります。
    初期費用が抑えやすいメーカーや、初期費用は掛かっても発電量が多い物など様々ですが、選ぶ理由として保証も重要な項目の一つだということがわかりました。

     

    そんな中、初期回収や雨漏り保証が付いていて安心なので選んだメーカーは長州産業のソーラーパネルです。
    長州産業の評判でも一番は保証の良さで、各メーカー唯一の雨漏り保証があります。

     

    雨漏り保証は、各メーカー取り付け方や架台によってなかなかメーカー保証は付きにくいのが現状ですが、長州産業はいろいろな架台があるのでメーカー保証も付きやすく安心だと思いました。
    また純国産で低価格、しかも発電量がトップクラスなので費用回収が早い為、費用回収した後は発電すればするほど収入にるそうです。
    しかも、早くに回収できれば保証も残っているため、何の心配もすることなく毎月安定した収入を得ることが出来るので非常にお得らしいので前向きに検討していくつもりです。
    <愛知県 50代男性>

     

    ケース7
    ・太陽光パネルの設置を検討し始めたとき、最初は全国展開している大きなメーカーしか知りませんでした。
    けれど、ネットで色々調べてみると、私の住んでいる地方では、長州産業という太陽光パネルの会社が利用できて、評判もとても良いということがわかりました。いわば「知る人ぞ知る」という会社だったのです。
    設置してからも色々とメンテナンスなどで相談したいことも出てくると思っていたので、できれば地元に密着している会社の方がいいなあと考えていましたので、長州産業にお願いすることにしました。
    また、国内製の製品を使用しているのも信頼感が感じられました。
    実際に相談から設置までを体験してみて感じたのは、他社のように宣伝を大々的にしているわけではないので、その分をちゃんとした製品開発にまわしている感じがして、とても好感がもてました。
    パネルの最大出力も高いため、発電量も多くなります。また、設置しても故障ばかりだったり、すぐにだめになってしまうのは困り者ですが、製品の性質が良いおかげで、
    設置してから一度も不良になることがなく、使い続けられています。
    パネルに関しては、やはり設置時の料金なども考えますが、それ以上に、設置後の稼働状況が良好であることが大切だと、
    実際に取り入れて見て感じているので、長州産業を選択して正解だったと思っています。
    <岡山県 40代男性>

     

    太陽光発電については、人によって様々なケースがあります。
    例えるのなら恋愛のように、他人と同じ状況や解決方法があるものでもありません。
    だからこそ、自分にとって一番最適なものを探す必要があるのです。

     

    そこで少しでも参考になるのが実際に体験した人の口コミを参考にすることです。
    それでも同じ状況はないと思いますが、少しでも似ている環境の口コミもあるでしょう。
    そういったものも参考にするといいと思います。